KUSANAGI

KUSANAGIで検証したWordPressサイトを本番用に変更する 【KUSANAGI 移行日誌FINAL】

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

さあ、ここまできたら後は本番公開用に各種設定を変更していきます。
ここまで長かったですねー。。。。しかしあと一歩!
さくっと済ませましょう!

手順は以下!

  1. WordPress アドレス サイトアドレス のURLを本番用ドメインに変更する。
  2. Search and Replace for WordPress Databases Script でDB内の全ドメインを変更する
  3. nginx のドメイン指定を変更する 【プロビジョン名】_http.conf 等
  4. ドメインのAレコードを変更する
  5. SSL対応を行う
  6. Search and Replace for WordPress Databases Script を削除する

続きを読む

WordPress のDB接続先を変更して検証サイトを表示する 【KUSANAGI 移行日誌08】

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

前の記事までで、移行用にWordPressをインストールし、DBも新たにインポートしました。
次はサイトで使用している各データをアップロードして、実際に表示させます。

手順は以下!

  1. 各データをアップロードする
  2. ファイルの管理権限を変更する
  3. wp-config.phpを編集する
  4. 全体の表示をチェックする
  5. WP Mail SMTP をインストールする

続きを読む

IDCF KUSANAGIをプロビジョニングする 【KUSANAGI 移行日誌06】

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

サーバーの初期設定が完了したら次はKUSANAGI上でWordPressを使用するためにプロファイルを作成します。
この作業でWebサーバーの設定ファイル・MySQL DB・ドキュメントルートの設定などが行われます。

これもやはり本家サイトが分かりやすいので下記リンクを見てもらったほうが詳しい説明が載っています。

KUSANAGIのプロビジョニング

KUSANAGIのプロビジョニング

さあ今回もコマンドにて作業していきます!
怖くない。。。怖くないから。。。

続きを読む

IDCF ポートフォワード・ファイアウォールの設定を行う 【KUSANAGI 移行日誌03】

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

前述の記事で、仮想マシンを作成するところまで行いました。
次は仮想マシンにアクセスできるようにIPアドレスの設定を行いましょう。

まずはいつもの作業手順から。

  1. IPアドレス名を決める
  2. ファイアウォールを設定する
    1. SSHポート
    2. HTTPポート
    3. HTTPSポート
  3. ポートフォワードを設定する
    1. SSHポート
    2. HTTPポート
    3. HTTPSポート

ここまできてやっとSSH でアクセスできるようになります。

続きを読む

IDCF で 仮想マシンを作成する ( KUSANAGI ) 【KUSANAGI 移行日誌02】

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

IDCF にてKUSANAGI用の仮想マシンを作成します。

まずは作業手順から

  1. マシンタイプを選択する
  2. イメージを選択
  3. ボリュームを追加する
  4. SSH Keyを設定する
  5. 仮想マシン台数を設定する
  6. ネットワークインターフェースを決める
  7. 詳細情報を設定する
  8. アカウントを保存する

※この手順だけではまだアクセスできません。IPアドレスの設定を行ってからはじめてSSHでアクセスできるようになります。

続きを読む