サブドメインをDNSレコードの設定を追加して他サーバーに向ける 【KUSANAGI 移行日誌04】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

IDCFへ移行前に検証を行うために、DNSレコードを設定してサブドメインでIDCFサーバーへ向かうようにします。
また、この作業はサブドメインを違うサーバーで運用したいときにも使えます。

行いたい内容は以下

  • wwwあり・なし は現行のレンタルサーバーへ向かう
  • サブドメイン dev はIDCFサーバーへ向かう
  • メールサーバーは現行のレンタルサーバーのものをそのまま維持する

まずは上記の内容を行い、開発の検証が完了したら wwwあり・なし をIDCFサーバーに向かうように変更し、公開完了とする。

ドメイン管理サービスはいくつかありますが、今回は著者が主に使用している「ムームードメイン」を使用した説明を主にします。
お名前.comは箇条書き程度の説明になりますがあしからず。。。

※この作業手順に沿って作業を行った際に、DNSレコードの記述ミスや設定ミスにより、何らかの不具合が生じたとしても一切の責任を負いかねます。自己責任の元、注意して作業してください。

以下作業手順。


ムームードメインの場合

1. ドメインのレコード編集(ムームーDNS)を有効化する

ムームードメインでDNSレコードを編集できるようにするためにはドメインのムームーDNSの設定をONにする必要があります。
この時点ではまだDNSレコードに変更がないのでサイトへの表示に変更はありませんのでご安心ください。

以下の手順で進めてください。

1. 「管理画面 > ドメイン管理 > ドメイン操作 > ムームーDNS」 へ遷移

まずはムームードメインへログインして、管理しているドメインのムームーDNS設定へ行きましょう。
設定を行うドメインの処理欄にある「利用する」ボタンを押して、有効化します。

2. 対処ドメインの処理欄「利用する」を押して設定を有効化する

有効化が完了すると画像の画面に遷移します。
このままDNSレコードの設定を先におこなうので、「カスタム設定」へ進みます。


2. ドメインのムームーDNS設定でカスタム設定を有効にする

ムームーDNSを有効にしたらDNSレコードの設定に進みます。
ネームサーバーをムームーDNSへ向ける前にDNSレコードを設定することにより、ドメインが迷子になることを防ぎます。

1. 「管理画面 > ドメイン管理 > ドメイン操作 > ムームーDNS」 へ遷移

ムームーDNSの有効可完了から進んだ場合はすぐに上記の画面に遷移します。
違う画面からこちらに遷移するには「管理画面 > ドメイン管理 > ドメイン操作 > ムームーDNS」 にある対象ドメインの「変更」を選択して当画面を表示してください。

2. 「設定2」にあるカスタム設定欄に各内容を追加していく

画像にある入力欄に各種レコードを指定していきます。

まず何を設定するのか?というところですが、
・ドメインを表示するサーバーを指定する 「Aレコード(種別A)」(サブドメインを含む)
・メールサーバーを指定する「MXレコード(種別MX)」
以上の2種類です。

今回はサブドメイン www dev を指定しますので、サブドメインなしと合わせてAレコードの設定は3種類、MXレコードの設定を1種類の計4つのDNS設定を行います。
登録内容は下記です。

サブドメイン 種別 内容 優先度
A レンタルサーバーのIPアドレス
www A レンタルサーバーのIPアドレス
dev A IDCFのIPアドレス
MX レンタルサーバーのIPアドレス
各設定内容説明
  1. 種別A: サブドメインなしのドメイン(従来のレンタルサーバー IPアドレス)
  2. 種別A: www.~のドメイン(従来のレンタルサーバー IPアドレス)
  3. 種別A: dev.~のドメイン(今回の開発用 IDCF IPアドレス)
  4. 種別MX: メールサーバー(メールサーバーだけ従来のレンタルサーバーを使用する)

4. 入力内容を確認後、「セットアップ情報変更」を選択して設定を完了させる

登録内容に間違いがないかを再度確認して「セットアップ情報変更」ボタンを押し、設定を完了させます。


3. ドメインのネームサーバーを「ムームーDNS」に設定変更する

  1. 「管理画面 > ドメイン管理 > ドメイン操作 > ネームサーバー設定変更」 対象ドメインの処理欄「ネームサーバー設定変更」へ進む
  2. 選択項目一番上の「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」にチェックをいれて「ネームサーバ設定変更」へ進んで設定を完了させる

設定が完了したら上記の画面が出て設定が完了します。
設定が完了するまで時間がかかるのでしばらく待ちましょう。

4. 設定完了

数時間程待つとネームサーバーの変更が浸透し、変更先が参照できます。
今回のフローではIDCFにKUSANAGIパッケージをインストールしているので、上記のようにnginxの初期ページが表示されればドメインの設定は完了です。

さあ、残すは次の記事でKUSANAGIの初期インストールへ進みます!


お名前.comの場合

お名前.com は箇条書きになりますが大枠はムームードメインと共通しているのでわかるかと思われます。
作業手順は以下

1. ネームサーバーを変更する

  • 「ドメイン設定 > ネームサーバーの設定」を表示する
  • 対象ドメインを選択して「お名前.com各サービスを利用」内の「転送Plus・DNS設定」の「設定する」を押して設定へ
  • 各ネームサーバーが指定されて確認されるのでそのまま「設定する」で設定完了

2. DNSレコードを変更する

  • ドメイン設定 > DNSの関連機能の設定
  • ドメインを選択して「次へ進む」
  • 下から3つ目の項目「DNSのレコードを設定する」へ進む
  • 「入力」欄にある追加用のフィールドに各設定を入力して追加
  • 全て入力完了したら内容が間違いがないか確認して「確認画面へ進む」→ 設定
  • 作業完了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。