IDCF でSSH Keyを登録する 【KUSANAGI 移行日誌01】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

IDCF でSSH Keyを登録します。

手順は以下

  1. 管理画面 > コンピューティング > SSH Key を開く
  2. SSH Key名を決めて保存する
  3. 登録を確認


1.管理画面 SSH Key を開く

SSH Key 一覧画面に遷移します。

まだこの時点ではSSH Keyを制作していないため0件です。
SSH Keyを登録する為、画面右上の「SSH Key 登録」ボタンで登録フローに進みます。

2.SSH Key名を決めて保存する

SSH Keyの登録モーダルが出てきました。

ここに任意のKey名前を入力し、「作成する」ボタンで登録をします。
※確認ができますがOKにしてください。

また、この際に既存のSSH Keyをアップロードすることも可能ですが、そこまでする方はここを見なくてもできると思うので割愛。
作成完了したら自動でダウンロードされます。

3.登録を確認

モーダルが閉じて今登録したSSH Keyが登録されているのを確認したら登録完了です。

4.SSH Key をローカルで使用できるように保存する

さて、今保存したSSH Keyをどう使うのか?
というところになる方もいると思います。
著者もWebデザイナー → マークアップエンジニア → フロントエンドエンジニア とジョブチェンジしてきたので、
このあたりは自分も最初チンプンカンプンでした。

まずはSSH Keyを所定の場所に保存します。
その際には拡張子 .txt は外します。

Mac環境ですと、 ~/.ssh/ 内に保存して置くのが良いでしょう。(隠しフォルダ内)
Win環境では c:\Users\XXXXX\.ssh などにフォルダを作って配置するのが良いでしょう。(隠しフォルダ内)

配置後のフルパス(Mac) ~/.ssh/SSHKEYFILE

SSH Key の権限を変更する

配置が完了したらSSH Keyファイルの権限を変更します。
FTPソフトなどで配置したフォルダを開いて、管理者しかファイルの読み込みをできなくするように権限を 600 へ変更します。

これでSSH Keyの設定は全て完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。