運用中のWordPress サイトを IDCFクラウドのKUSANAGIへ移行する 【KUSANAGI 移行日誌00】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運用中のWordPressサイトをIDCF クラウドの KUSANAGI で運用をするための手順をまとめます。
まずは作業手順のみ。
詳細は各リンク先から

【KUSANAGI 移行日誌シリーズ】の一覧はこちら

前提条件&作業要件

  • 運用中のレンタルサーバーがある
  • ドメインのDNS変更権限がある
  • IDCF クラウドに運用を切り替える
  • メールサーバーは現行のレンタルサーバーを使用する
  • サブドメインにてテスト→本番ドメインに切り替えを行う

作業手順

  1. IDCF にサーバーを立てる (KUSANAGI)
    • IDCF でSSH Keyを登録する
      1. 管理画面 > SSH Key より「SSH Key 登録」へ
      2. Key名を決めてダウンロード
      3. リストに表示されていることを確認
    • IDCF で 仮想マシンを作成する ( KUSANAGI )
      1. マシンタイプを選択
        • まずは初期設定の段階なので1番安い light.S1 でOK
      2. イメージを選択
        • KUSANAGIは一覧に並んでいないので、COMMUNITYから選ぶ
        • kusanagi で検索して KUSANAGI を選択
        • テンプレート名をクリック → 「仮想マシンを作成」でイメージが選択されます
      3. 通常のサイトだと1GBも使うことはないのでボリュームはそのままでOK
      4. SSH Keyを作成orアップロード
        • 先程作成したSSH Keyを選択する
      5. 詳細情報で名前を決めてDONE!!
    • IDCF ポートフォワード・ファイアウォールの設定を行う
      • ポートフォワードを設定
        • HTTP / HTTPS / SSH の3つを登録する
          • セレクトボックスを選択するとパブリックポートが入るので、同じ値をプライベートポートへ
      • ファイアウォール設定
        • HTTP / HTTPS / SSH の3つを登録する
          • ソースCDIR で接続できるIPを決める。今回は固定IPでの制限をしたくないので「Any」を選択
          • タイプを選択すると ポートレンジが入るので、選択して追加する。
  2. ドメインの DNSレコード 設定
    • www. / なし は現行のサーバー
    • サブドメイン dev はIDCF サーバー
    • メールサーバーも現行のサーバー
    • 上記でドメイン設定終わり(移行完了時にメインドメインを変更する)
  3. KUSANAGI の初期設定
    • SSHへログイン
    • システムのアップデートチェック
    • 完了したらリブート
    • サーバータイムゾーンの設定
    • ロケールの設定
    • キーボードタイプの設定
    • ユーザーパスワードの設定
    • 鍵認証の設定
    • MySQL rootパスワードの設定
    • Webサーバの選択
    • アプリケーションサーバの選択
  4. KUSANAGIをプロビジョニングする
    • kusanagi provision コマンドの実行
    • プロビジョンタイプの選択
    • WordPressの言語選択
    • WooCommerce プラグインの選択
    • ホスト名の設定
    • Let’s Encryptの設定
    • データベースのユーザー名の設定
    • データベースユーザーのパスワードの設定
    • プロビジョニングの完了
  5. WordPressのインストール
  6. phpMyAdmin をインストールしてバックアップデータをインポートする
    • 本番用のDBをコマンドで制作
    • テスト用のDBに旧サイトのDBをインポート
    • WordPress用のDBユーザへインポートしたデータの変更権限を与える
    • データベースの旧データを検証用に変更
  7. WordPress のDB接続先を変更して検証サイトを表示する
    • 各データをアップロードする
    • ファイルの管理権限を変更する
    • wp-config.phpを編集する
    • 全体の表示をチェックする
    • WP Mail SMTP をインストールする
  8. 検証したWordPressサイトを本番用に変更する
    • WordPress アドレス サイトアドレス のURLを本番用ドメインに変更する。
    • Search and Replace for WordPress Databases Script でDB内の全ドメインを変更する
    • nginx のドメイン指定を変更する 【プロビジョン名】_http.conf 等
    • ドメインのAレコードを変更する
    • SSL対応を行う
    • Search and Replace for WordPress Databases Script を削除する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。